記事書くのをサボっている間に季節が3/4回りくらいして夏が訪れてしまいそうな勢いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕はいろいろつらいので早くねこか何かになりたい。

長らくほったらかしだった台湾旅行記をいい加減完結させたいと思います。とは言ってもおおむね書きたいことは前回までで書いてしまったんですが。

◆ この記事の前
◆2日目(9/11, 日)
大会参加が目的の日なので箇条書きメインでさらっと。
  • 携帯の目覚ましではなくリズミカルなドアノックで目覚めた。寝坊してた。
  • 朝メシどころか予定の電車に間に合うかすら怪しくて大汗
  • 台北駅構内を全力疾走して一応間に合った。おなかすいた
  • 台北車站―(淡水信義線)→民権西路―(中和新蘆線)→頭前庄で集合場所へ
  • 台北捷運(MRT)に時刻表は無くて大まかな運転間隔しか決まってないっぽい。東京もこれで良いのでは
  • 駅前のコンビニで念願の朝食を手に入れる。そのまま招待組のいるホテルへ
DSCN9405
▲駅前コンビニからホテルへの道はこんな感じだった。中華圏を感じる

DSCN9408
▲新荘地蔵庵
  • 招待選手組が乗るバスに同乗させて頂き会場入り(本当にありがとうございました!)
  • 控室入りして各々事前調整したりとか。僕は怖いのでほとんど何もせず
IMG_5723
▲控室で見かけた一コマ(※ここは台湾です)
  • FND先輩、台湾人選手の女の子から写真撮影を求められる。Oさんは激怒
  • 帰りのバスで上記の件に関してMice創設者をも巻き込んだ不毛な殴り合いが始まる
  • 招待選手組のホテルで食事会に参加させて頂きました。もう本当にありがとうございます
  • 同席になった中国人選手にパンツレスリングを布教と言う蛮行に出たFND先輩
IMG_5814
▲再びMRTを乗り継いでホテルへ戻るのでした

◆3日目(9/12, 月)
いよいよ帰国の日。相変わらずのノープランで夕方の飛行機までやることがなくどうしよう…と考えていたところ、招待選手組の皆様から一緒に観光どう?とお誘いを頂いたのでついていくことに。
この日はちゃんと起きられたのでホテルのレストランで朝食。OさんにDMで連絡を取ろうとしたFNDにクソコピペの送信を強制する蛮行に及びゲラゲラ笑いながら美味しく頂きました。
台北車站からひたすら淡水信義線に揺られて終点の淡水站へ。この付近は清朝の時代に条約港として開かれていた土地で、各国の領事館・商館が立地する19世紀当時台湾最大の港だったんだそうな。
招待選手組の皆様と合流、荷物をコインロッカーに預けていざ出発…と思ったらFND先輩がロッカー番号を間違えたままロックしてしまい代金を吸い取られるトラブルが発生。慌てて窓口へすっ飛んでいくFNDをゲラゲラ笑いながら眺める一行でしたが、この後彼は帰国まで終始フリー素材として弄ばれることとなりました(いつも通りの光景ではある)。
DSCN9443
▲中華圏お馴染みのテキトー日本語に出会う

DSCN9460
▲パッと見日本っぽいけど右側通行。ここは台湾

てくてく川沿いを歩いて新北市立淡水古蹟博物館に到着。清朝英国領事官邸が内部まで公開されていたり、結構立派な施設なんですがお構いなしとばかりにきたない写真を量産する我々。台湾に来てまで何をしているのやら。

IMG_50532
▲きれいな写真。清朝英国領事官邸の中
ぐるっと一回りした後は大急ぎで淡水站へ逆戻り。台北車站にて九份へと向かわれる招待選手組のみなさまとはお別れになりました(本当にありがとうございました!)。
時間はお昼時、まだ空港に向かうには微妙だけど観光するには余裕のない時間帯。悩んだ末に台湾高鐵(台湾新幹線)に数駅の体験乗車をしつつ空港を目指すこととしました。 高鐵桃園駅では「連絡バスどっちじゃ案内しろ」とFNDをいじめるイベントが再び発生。正直今は反省してますごめんなさい。
IMG_5852
▲北上/南下で方向が表されることが多い台湾の鉄道。言われてみれば横方向の路線は無いような

IMG_5859
▲連絡バスで空港に移動してから台鉄弁当を頂くの図。久々に食べたい

チェックイン待ちの時間に自販機でお茶を購入、何も考えずに開封してしまい保安検査前に500mlを一気飲みする羽目になるイベントが発生し死にそうになりつつ16時頃台湾を出国。いざ日本へ! 帰りの飛行機は気流の関係でシートベルト着用サインがほとんど点きっぱなし、自由落下系の揺れがひたすら続いて死にそうになりながらの帰国となりました。台湾の入国審査はドキドキだったけど成田に辿り着いてからの初入国審査は安心感がすごい。 ターミナルビル内の吉野家で久々のお味噌汁を貪り食ってからは京成電鉄のホームへ転げ落ちてアクセス特急の車内へ。23時頃に京成高砂駅にて金町組と別れ、初めての海外旅行は無事に幕を閉じたのでした。

もはや遠い昔の話となってしまい大いに思い出補正が掛かっている疑惑はありますが、台湾の方々は我々が中国語分からない勢と見るや否や、どうにか身振り手振りでコミュニケーションを図ろうとしてくださったり、そもそも日本語で対応して頂けたりで語学壊滅的野郎の僕には本当にありがたかったです。こんな状況でなぜ海外行こうと思ったんだろうね?
せっかくこれのために取ったパスポートなので今後とも積極的に活用していきたいですね。まずはせめて英語だけでももう少しマトモに聞き取れるようにするところからかなあ…


◆次回予告
IMG_8910
迫り来る終電、夜の香港-深圳越境チャレンジへ挑む我々に襲いかかる中国人民パワー。

DSCN0228
秋葉原なんて目じゃない巨大電気街、何もかもスケールの違う初めてのちうごく大陸。

IMG_8976
「日本人学生初・Elecrow発注基板の深圳現地受け取りチャレンジにお供してきた話」
そのうち気が向いたら書きます。